評価額にズームイン!国税庁の発表を待とう【変動する電話加入権】

ウーマン

信頼のバロメーター

仕事する女性

用件を伝えるだけなら、携帯電話でも十分なのですが固定電話は起業したい場合には信用の証とも言えるものなので、おろそかにするわけにはいかないものです。固定電話の名義を変更することはできるので、譲り受けた場合などには届け出をすると安く固定電話を引くことができます。

詳細へ

家の電話をお得につかう

オフィス

固定電話は一度加入すると、長く使っている人も多いでしょう。しかし、回線やプランによって費用は異なっているため、注意が必要です。固定電話を安く見直すテクニックは、固定電話回線の比較サイトを使うことです。基本料金、通話料金などがわかりやすく比較されています。

詳細へ

通信サービスの利用

電話

固定電話は、契約する際に様々なオプションがあるので本当に必要だと感じるサービスだけ利用することが節約につながります。選ぶ際は、実際に店頭で機種を扱ってみて機能や操作を確認することが一番良いと言えます。

詳細へ

特徴と現在の評価額

電話する女性

電話加入権という言葉を聞いたことがある人はいると思いますが、その内容について知っている人はあまりいません。そもそも名前自体知らないという人がほとんどです。実は昔は電話を引くためには権利を必要とします。その権利のことを電話加入権といいます。この権利は高額なお金を払ってはじめて手にすることができました。金額は高いときで100000円近くもした時代もありました。そのように高額な権利のため財産とみなされることもありました。実際に担保にすることもできました。現在においても名前は電話加入権ではないですが、「施設設置負担金」という名前で残っています。金額は37800円に変わっています。もちろん、現在は電話加入権がなくても電話を引くことが可能です。

電話加入権が近年話題になっているのは財産としての評価です。かつては100000円近くもした権利であり担保にもなった電話加入権ですが、現在ではその価値はどうなっているかという問題です。国税庁の発表によると東京での電話加入権の評価額は1500円程度になっています。他の都道府県においても同様の評価額になっています。これは市場においても同様です。1500円が相場価格になっています。ちなみに、この電話加入権はいつでも売却することができるものではありません。休止状態にする必要があります。この状態にするには手続き上2000円かかります。したがって、現在の評価額を考慮すると売ることはできても損をする可能性がありますので、現在売ることは賢明ではありません。評価額にズームインし、国税庁の発表を待ちましょう。

Copyright© 2016 評価額にズームイン!国税庁の発表を待とう【変動する電話加入権】 All Rights Reserved.