評価額にズームイン!国税庁の発表を待とう【変動する電話加入権】

男性

信頼のバロメーター

仕事する女性

信用の証でもある

今は携帯電話しか持たない人も増加していますが、起業したりお店を開業した場合は携帯電話ですますわけにはいかなくなります。どうしも固定電話と言うものが必要になり、固定電話が無いと開業することのできない業種も存在しています。固定電話の特徴はその市外局番にあり、設置される場所がある程度決められているので、電話番号を見るだけでどこの場所からかけてきているのかがわかるメリットがあります。これがその会社が確かにそこに存在しているという証になり、信用のバロメーターにもなります。また、固定電話に付随するサービスも活用することができるので、ビジネスをする上では必要不可欠なものです。通話も携帯電話に比べて音がクリアな場合が多く、聞き取りやすいメリットもあります。

名義変更の種類

新規で固定電話を引く為には施設設置負担金をNTTへ支払い、それから電話工事が完了すると電話を設置することができるようになります。この施設設置負担金は名義変更をすることが可能なので、もしあるなら新規に回線を引くよりも譲り受けましょう。そのほうが費用を安く抑えることができ、譲渡承認手数料を支払うだけで譲り受けることができるのでお得です。この場合は譲渡と言い、承継や改称とはまた違います。名義変更の手続きには種類があるので、状況に応じた名義変更手続きをすることが必要となります。承継は自分の親などが死亡した場合に固定電話の施設設置負担金を相続した場合に行ない、改称は結婚などで苗字が変わった場合に届けをだします。どちらも、手数料は無料で名義変更の届け出をするだけで変更することができます。

Copyright© 2016 評価額にズームイン!国税庁の発表を待とう【変動する電話加入権】 All Rights Reserved.